はてなアイデアのタグを消しました[私信]

先ほど、以下のアイデアにて、[元からあったのでは?]という感じのタグを消したのですが*1、続けて[実装済かも]というタグも消そうとしたところで、はたと気付きました。タグをつけた人が明示されていることに。

それなら連絡を取ってからの方が良かったな、…ということで。

以下の機能はまだ一度も実装されてないと思うのですが、いかがでしょうか?>id:Yuichirouさん

はてなアイデア - エントリーページ(http://b.hatena.ne.jp/entry/xxxx)の各ユーザーのコメント欄の横に「編集」ボタンの設置。日数が経過してからコメント修正しようと思ったときに便利。
http://i.hatena.ne.jp/idea/1387


# こういうのは、そちらに直接コメントした方がよかったかも…。

*1:正確にどんなタグだったのか既に忘れてしまいました。スミマセン

はてブをuserContent.cssでカスタマしたいなあ

と思って

@-moz-document url-prefix(http://b.hatena.ne.jp/entry) {
	blockquote ,
	div.adsense ,
	img.hatena-id-icon {
		display: none ! important;
	}
}

としてみたんですが、うまくいきませんでした。(全く変化無し)

しばしWebを彷徨うも、原因特定できず。orz

何がいけないのかなあ…。

はてブのアクセシビリティの悪さ

気づいてなかった。orz


via 香雪ジャーナル - はてなWebアクセシビリティとモチベーション
http://b.hatena.ne.jp/facet/20051212#bookmark-1078657


ref. はてな各サービスの機能変更、お知らせなど - はてなブックマーク日記2005-05-12#c
http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenabookmark/20050512#c

音声ブラウザでは現状のスタイルではナビゲーションが非常に困難

サイトリンクがリスト構造になっているスタイルだと読みやすい

あるいは、サイトだけがリストされるページ

要はブックマークだけが見たい

続・はてブのコメント一覧は引用かどうか話、または、Web時代の引用とは

※これは、
http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20051123
へのレスです。

      • -

結局、はてブのエントリーページのユーザコメント欄が引用なのかどうかを日本語の「引用」の定義を元に考えること自体がおかしいという気がしてなりません。

また、英語のquoteが何を意味しているのかを考えるのでもなく、HTMLのquoteとは何を意味しているのか、すなわちWebにおける引用とは何かということを考える必要があると思いました。*1


神崎正英著「ユニバーサルHTML/XHTMLによると、(オンライン)ハイパーテキストとは、ネットワーク上で相互に自由自在に連結された、従来の書物や書籍の枠組みを超えたドキュメントのことであり、それまでの情報共有の大きな障害となっていた機種やシステムの違いを乗り越えるために、バーナーズ=リーがインターネットでコンピュータを結び、共通の約束に従って文書を公開して相互参照する仕組み、すなわち World Wide Web (WWW) を考えた、とあります。

つまり、環境に関わりなく情報を一貫して表現する文書記述方法として考えられたのがHTMLで、ユニバーサルな情報共有を実現するための仕組みとして考えられたのがWebであるということです。

ということは、HTMLでいうquote、つまり、ウェブにおける引用とは、「論じるための引用」ではなくて「情報共有のための引用」と言えるかもしれません。


つまり、Webのような動的な媒体での引用を考える場合は、従来の書籍などのような静的な媒体で確立されてきた引用のルールを基に語ることはできないんじゃないだろうか、という気がしてなりません。


結局、最も大事なことは、文化の発展に寄与すること、つまり、新しい価値を創ることであって、論によるか情報共有によるかは単なる手法の違いでしかないように思います。……理論的な展開が有用な時もあるし、偶然のひらめきを得られるような刺激的な組み合わせの方が良い時もある。どちらが良かったのかは、後になってみないと分からない。なのに、今までは論によるルールしか認められなかった。……「はてブ」、特にあのコメント一覧は、セレンディピティの塊のようなもので(^^;、思いっきり後者だと思うんですが、そちらの価値ももっと評価されてもいいんじゃないかなあと思うのです。


私は、価値創造のために最も大切なことは、まず、人間の連想力を伸ばす環境を整備することなんじゃないかなと考えているのですが、「次世代のインテルインサイドはデータだ」とも言われているように、今までのインテリによる理論的展開だけじゃなく、大衆の、裾野の広い、多様で大量のデータこそが重要で、それこそが新しい知の創造のあり方、すなわち「Wisdom of crowd」のためのキーであり、最も拡充すべき存在であると思っています。

もちろん、その多様なデータを生かすも殺すも応用次第なのですが、はてブのようなソーシャルブックマークが登場してきたことで大分明るい兆しが見えてきているようにも思いますし、応用は基本があってこそなので、コメント炎上云々は長い目で見つつ、如何に多様でオリジナルなデータを生むことができるかというところに注力すべきではないだろうかと思います。


今までずっと、「必然性」や「主従関係」は本当にWebにおける引用に必要なファクターなのだろうかと疑問だったのですが、今回の件を通していろいろ考えるに、Web時代の引用で最も重要なのは、いつ、だれがその部分を創作したか、そして、いつ、だれが、どこから抜粋したかということをはっきりさせて(リンクで辿りやすくするなどして)アクセス性を確保することであって、必然性やら主従関係だという部分はあまり重要ではないような気がしてきています。論を張るためなら必然性は必要でしょうけど、Wisdom of crowdsのためには、そういった縛りは特に不要なんじゃないでしょうか。


また、「引用」というコトバを使わず、「抜粋」とか「転載」でいいじゃないかという意見もあるでしょうけど、引用というコトバが持つ「正のフィードバックを生み出すもの」というイメージを大事にして、ああいうエントリーページのコメント欄のような部分にも意識的に「引用」という用語を使っていくことで、よいフィードバックループを回せないものだろうか。そんな風なことを考えています。


以上。そんな感じです。いかがでしょうか。

      • -

結局、また長くなっちゃいました。いつものことですが。…スミマセン。

*1:ここでは、q, blockquote, citeの総称としてquoteと言っています

Web時代の引用とは?

この記事を書き上げるまでは他の記事を書けないなあと思っていたんだけど、del.icio.usの件で勢いでエントリーしちゃったので、ついでに引用話もアップしちゃおうかと思います。長いままなんですけど、ご容赦を。>id:sugioさん

?Bどこでも似非■Guild(Greasemonkey版)0.3

?Bどこでも似非■Guild(Greasemonkey版)」にミスがあったので修正し、差し替えました。
2006-01-29追記:userid取得部分にミスがあったので再度差し替えました orz)


ご利用の方は(いらっしゃればですがw)、前のを消して、再インストールしてください。

http://homepage3.nifty.com/facet/hatena/bookmark/SquareZunft.user.js


なお、今回のバージョンでは、(■Guildなのに)"■" じゃなくて "#" になっています。これは、私の環境(Greasemonkey 0.6.4 / Firefox 1.5 / Windows 2000)において、UTF-8のjsファイルを認識してくれず、■の部分が文字化けしてしまってちゃんと働かなくなってしまったためです。

//原因がわかったらまた■に戻したいなと思ってますが、今回の#のままの方が五月蝿くなくていいかもとも思ったりもしてます。SquareZunftなんだけど。SharpZunftに名前を変えようかな(w

エントリーページからブックマークへのリンク先の変更

http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenabookmark/20051125/1132889980

早かったですねえ。ビックリしました。


実は、最初に考えた実装がこれでした。でも、個人的に、ユーザートップへのリンクも残したかったので、日付部分にpermalinkへのリンクを張ることにし、先日のyukattiさん案を拝見して今のGreasemonkeyでの実装となっているわけなんですけど、はてなとしては今回の実装がシンプルで一番いいんじゃないかと思います。


ということで、拙作user.jsは早速不要になりました。編集ボタンだけのやつを準備しようかなと思ったんですが(作るの自体はバカみたいに簡単で手間だけなので)、ま、共存できるので、面倒だし、修正しないことにしておきます。


ref. はてなアイデア - エントリーページ下部のユーザ一覧(日付とIDとコメント一覧)において、各ユーザごとそれぞれのユーザページの該当ブクマ箇所http://b.hatena.ne.jp/userid/yymmdd#bookmark-012345へのリンクを設ける
http://i.hatena.ne.jp/idea/7389


こんなことなら、掛け金をもっと突っ込んどけば良かった。残念(^^;